『海嶺』ミニ解説  森下辰衛

海嶺(かいれい)
天保時代、初の日本語訳聖書に携わった三人の漂流民たちは米船モリソン号で日本に向かうが、彼らは愛する祖国に砲撃される。彼らがその中で「捨てぬもの」、天地創造の「カシコイモノ」たる神に出逢うまでを描く。

連載 … 週刊朝日1978年10月〜1980年10月
出版 … 朝日新聞社1981年4月(上下2巻)
現行 … (上中下3巻)角川文庫・小学館電子全集

『海嶺』文庫本

『漫画 海嶺』

『海嶺』(上)小学館電子全集

『海嶺』(中)小学館電子全集

『海嶺』(下)小学館電子全集

関連記事

  1. 『いとしい時間 愛の歌集』ミニ解説  森下辰衛

  2. 『太陽はいつも雲の上に 共著:三浦光世』ミニ解説  難波真実

  3. 『永遠のことば』ミニ解説  森下辰衛

  4. 『北国日記』ミニ解説  森下辰衛

  5. 『泉への招待 真の慰めを求めて』ミニ解説  森下辰衛

  6. 永野信夫の成長物語 3つの道(3)信仰への道 弱さとごう慢さを知る