『千利休とその妻たち』ミニ解説  森下辰衛

千利休とその妻たち(せんのりきゅうとそのつまたち)
千利休は後妻となった類稀な女性おりきの導きにより、キリシタンの聖餐式に想を得て茶の湯の作法や茶室を完成してゆくが、天国を目指した芸術と秀吉の権力の相克は、十字架に比すべき戦いに夫婦を押し出してゆく。

連載 … 主婦の友1978年1月〜1980年3月
出版 … 主婦の友社1980年3月
現行 … (上下2巻)新潮文庫・小学館電子全集

『千利休とその妻たち』文庫本

『千利休とその妻たち』(上)小学館電子全集
『千利休とその妻たち』(下)小学館電子全集

関連記事

  1. 『この病をも賜として』ミニ解説  森下辰衛

  2. 『病めるときも』ミニ解説  森下辰衛

  3. 『帰りこぬ風』ミニ解説  森下辰衛

  4. 明智光秀の娘・玉子の“道ありき”  長友あゆみ

  5. 『風はいずこより』ミニ解説  森下辰衛

  6. 『いとしい時間 愛の歌集』ミニ解説  森下辰衛