『岩に立つ』ミニ解説  森下辰衛

岩に立つ(いわにたつ)
三浦家を建てた大工の棟梁鈴木新吉の一代記。やくざにも特高にもひるまないが、弱い者は放って置けない男の中の男。「魂を滅ぼし得ぬものどもを恐れぬ」信仰の岩の上に、新吉は型破りで真直ぐな人生の家を建てた。

書き下ろし
出版 … 講談社1979年5月
現行 … 講談社文庫・小学館電子全集

『岩に立つ』文庫本

『岩に立つ』小学館電子全集

関連記事

  1. 『どす黝き流れの中より』ミニ解説  森下辰衛

  2. 『銀色のあしあと 対談:星野富弘』ミニ解説  難波真実

  3. 三浦綾子の生涯  難波真実

  4. 『ごめんなさいといえる』ミニ解説  難波真実

  5. 『石ころのうた』ミニ解説  森下辰衛

  6. 『ひつじが丘』ミニ解説  森下辰衛