『続泥流地帯』ミニ解説  森下辰衛

続泥流地帯(ぞくでいりゅうちたい)
泥流で埋まった田畑を復興して行く拓一と、もう一つの泥流である貧しさから苦界に囚われた福子の解放の物語は、復活の希望である。苦難の意味を問う耕作はやがて「なつかしいもの」たる神の愛に逢着してゆく。

連載 … 北海道新聞日曜版1978年2月〜11月
出版 … 新潮社1979年4月
現行 … 新潮文庫・小学館電子全集

『泥流地帯』『続泥流地帯』文庫本

『続泥流地帯』小学館電子全集

『泥流地帯』小学館電子全集

関連記事

  1. 明智光秀の娘・玉子の“道ありき”  長友あゆみ

  2. 『銀色のあしあと 対談:星野富弘』ミニ解説  難波真実

  3. 『太陽はいつも雲の上に 共著:三浦光世』ミニ解説  難波真実

  4. 永野信夫の成長物語 3つの道(3)信仰への道 弱さとごう慢さを知る

  5. 『われ弱ければ 矢嶋楫子伝』ミニ解説  森下辰衛

  6. 『新しき鍵 結婚について考える』ミニ解説  森下辰衛