『毒麦の季』ミニ解説  森下辰衛

毒麦の季(どくむぎのとき)
夫の不倫発覚から不和となり離婚した夫婦とその子どもの悲劇。家庭への責任を持つはずの親の自己中心によって幼い達夫の心に蒔かれた毒麦の種は、愛の喪失の淋しさによって育ち、嘲りに追い詰められて惨劇の実を結ぶ。

初出 … 小説宝石1971年8月
出版 … 『毒麦の季』光文社1978年10月
現行 … 『毒麦の季』小学館文庫・小学館電子全集

『毒麦の季』小学館文庫

『毒麦の季』小学館電子全集

関連記事

  1. 『石ころのうた』ミニ解説  森下辰衛

  2. 『銀色のあしあと 対談:星野富弘』ミニ解説  難波真実

  3. 『海嶺』ミニ解説  森下辰衛

  4. 『塩狩峠』のずばり“核心”に迫るQ&A  難波真実

  5. 『銃口』ミニ解説  森下辰衛

  6. 永野信夫の成長物語 3つの道(3)信仰への道 弱さとごう慢さを知る