『喪失』ミニ解説  森下辰衛

喪失(そうしつ)
妹と同じく自分も胃癌で死ぬに違いないという妄想に捕らわれた主婦が、自分が死ねば再婚するであろう夫への嫉妬と孤独感に翻弄され大事なものを喪ってゆく悲劇。結婚の本質が約束と信頼にあることをネガとして描く。

初出 … 小説宝石1978年7月
出版 … 『毒麦の季』光文社1978年10月
現行 … 『毒麦の季』小学館文庫・小学館電子全集

『毒麦の季』小学館文庫

『毒麦の季』小学館電子全集

関連記事

  1. 『井戸』 ― 痛むことのありがたさ  森下辰衛

  2. ガラシャ夫人の名を、はじめてわたしが聞いたのはいつの頃であったろうか。

  3. 『言葉の花束』ミニ解説  森下辰衛

  4. 『奈落の声』ミニ解説  森下辰衛

  5. 『千利休とその妻たち』ミニ解説  森下辰衛

  6. 『国を愛する心』ミニ解説  難波真実