『尾燈』ミニ解説  森下辰衛

尾燈(びとう)
定年退職後の人生に確かな目的を持てない平川良三が、元の職場の部下や独立した息子の家庭を訪ねては、表面は歓待でも実は迷惑がられるという惨めさを味わう。不実さに満ち、確かなものの残らない人間世界の風刺画。

初出 … 小説宝石1975年5月
出版 … 『毒麦の季』光文社1978年10月
現行 … 『毒麦の季』小学館文庫・小学館電子全集

『毒麦の季』小学館文庫

『毒麦の季』小学館電子全集

関連記事

  1. 『銀色のあしあと 対談:星野富弘』ミニ解説  難波真実

  2. 『風はいずこより』ミニ解説  森下辰衛

  3. 『さまざまな愛のかたち』ミニ解説  森下辰衛

  4. 『石の森』ミニ解説  森下辰衛

  5. 『いとしい時間 愛の歌集』ミニ解説  森下辰衛

  6. 舞台となった塩狩峠 「天塩の国」と「石狩の国」の境  ― 当時は鉄道の難所だった ―  難波真実