『果て遠き丘』ミニ解説  森下辰衛

果て遠き丘(はてとおきおか)
両親の離婚に傷ついた香也子は、愛に飢え渇く底知れぬ淋しさを心に秘めながら他人の幸福を壊すのを何よりも楽しみにするが、他方姉の恵理子と恋人西島は真実な愛を育ててゆく。旭川を舞台に真実な生き方を問う。

連載 … 週刊女性セブン1976年1月〜1977年3月
出版 … 集英社1977年6月
現行 … 集英社文庫(電子書籍)・小学館電子全集

『果て遠き丘』電子書籍版

『果て遠き丘』小学館電子全集

関連記事

  1. が、近ごろは、なぜか時おり父がふと懐かしくなる。

  2. むろん、いまの妻扶代の、善意でのびやかな性格もいい。

  3. 『夕あり朝あり』ミニ解説  森下辰衛

  4. 『ひかりと愛といのち』ミニ解説  森下辰衛

  5. 『夕あり朝あり』が映し出す 日本の近代〈戦争・災害・人権 ……〉  難波真実

  6. 「香也子よ!」 保子は母のツネにささやいた。