『果て遠き丘』ミニ解説  森下辰衛

果て遠き丘(はてとおきおか)
両親の離婚に傷ついた香也子は、愛に飢え渇く底知れぬ淋しさを心に秘めながら他人の幸福を壊すのを何よりも楽しみにするが、他方姉の恵理子と恋人西島は真実な愛を育ててゆく。旭川を舞台に真実な生き方を問う。

連載 … 週刊女性セブン1976年1月〜1977年3月
出版 … 集英社1977年6月
現行 … 集英社文庫(電子書籍)・小学館電子全集

『果て遠き丘』電子書籍版

『果て遠き丘』小学館電子全集

関連記事

  1. 『泥流地帯』『続泥流地帯』とは  難波真実

  2. 金井政夫は、運動ならスキーでも、野球でも、ホッケーでもやるといった感じの、スポーツ青年に見えた。

  3. 橋宮容一は、小料理屋菊天の一室に保子を待っていた。

  4. 「帰ってきて、うがいをしたの? 手は?」

  5. 「素顔のほうがきれいだよ、香也子」 「まさか」 化粧した顔のほうがきれいだと、香也子は信じきっている。

  6. ひとしきり話が弾んだあと、保子は時計を見、 「あら、もう二時過ぎよ。急がなければ、おばあちゃんが帰ってくるわ」 「帰ってきたって、いいじゃないか」