『果て遠き丘』ミニ解説  森下辰衛

果て遠き丘(はてとおきおか)
両親の離婚に傷ついた香也子は、愛に飢え渇く底知れぬ淋しさを心に秘めながら他人の幸福を壊すのを何よりも楽しみにするが、他方姉の恵理子と恋人西島は真実な愛を育ててゆく。旭川を舞台に真実な生き方を問う。

連載 … 週刊女性セブン1976年1月〜1977年3月
出版 … 集英社1977年6月
現行 … 集英社文庫(電子書籍)・小学館電子全集

『果て遠き丘』電子書籍版

『果て遠き丘』小学館電子全集

関連記事

  1. 玄関までの、五メートルほどの道の両側に、ピンクの芝桜が咲き、

  2. 香也子がいった。 「あら、婚約じゃないの? まだ結婚するかどうか、わからないの」

  3. 「西島さん、やっぱり姉のこと、好きみたいね。姉も不幸せなのよ。あなたが幸せにしてくださったら、うれしいわ」

  4. 香也子は父の手をふり払って、ふくさをつけている和服姿の中年の女にいった。

  5. 『ちいろば先生物語』ミニ解説  森下辰衛

  6. 『丘の上の邂逅』ミニ解説  森下辰衛