1階常設展示リニューアル

3月26日、常設展示リニューアル工事が始まりました。前日の夕方、展示資料を搬出し、ガランとなってしまった1階展示室。今までの常設展は10年前にリニューアルして以来の展示です。文学館に来てまだ3年の私にとっても、搬出作業は感慨深いものがありました。
文学館は今年の6月13日で開館20周年を迎えます。その記念事業として、常設展リニューアルの計画を進めてきました。「明るく」「楽しい」雰囲気の展示室にしたいと話をしていた時に、デザインチームから「展示室を仕切る壁を取り払ってはどうでしょう?」という提案がありました。壁がなくなると光が入って温かい雰囲気にもなるだろうし、1階ホールの柱が木を連想して林の中を歩いているイメージになるかも……?!
休館日の朝、職人さんたちによってシートが張り巡らされ、ついに壁が壊されて……。

リニューアルした展示室では、旭川の作家・三浦綾子にもっと親しみをもってほしいと願いから、「三浦綾子の背景に触れる」「作家活動に触れる」「言葉に触れる」をテーマにご紹介していきます。
4月6日(金)9時にリニューアル・オープン!お待ちしています!

3月27日(火)~31日(土)臨時休館
4月1日(日)~通常開館 ※ただし、1階喫茶室利用と2階展示室見学のみ(月曜休館、月曜祝日の場合は翌日)
4月6日(金)9時 1階展示室 リニューアル・オープン