企画展こぼれ話6 夫・細川忠興の繊細な一面

(写真:長岡京市・勝竜城公園本丸内にある、細川忠興・ガラシャの銅像)

玉子と細川忠興は、織田信長の命により16歳で結婚します。先日開催した上出恵子先生の文学講座で「綾子さんは歴史上の人物を実に大胆に描く」というお話がありましたが、忠興も玉子と初対面の7歳のシーンから生き生きと描かれています。武勇に秀でて信長にも気に入られていた凛々しい若者が、玉子の美しさに惹かれ弟と話す場面では意外に16歳らしい初々しさが描かれ親しみを覚えます。二人が結婚した当初は戦さ続きでしたが、忠興はその合間を縫って玉子のために手作りの百人一首かるたを作り玉子に贈りました。玉子が一枚一枚を手に取る描写は目に浮かぶようで印象的です。この「丹後の海」の章のラストには「この忠興手づくりの百人一首は、現在も細川家に伝えられて数枚が残っている」とあり、私はこれが実在するのかどうか一ファンとしてずっと気になっていました。綾子はそのかるたのことを取材して、創作ノートに「扇形」の画や「金箔を貼ってある」ことを記しています。

『細川ガラシャ夫人』が出版された後、1982年1月に東京・三越で「愛と信仰に生きた細川ガラシャ展」が開催されました。写真資料を調べると会場では綾子のサイン会も開催され大盛況だったようです。その当時の私はまだ三浦文学を知らず、東京から遠く離れた宮崎にいましたが、会場に足を運ばれてゆかりの品々をご覧になった方も多くいらっしゃることと思います。

今回の展示パネルを製作するにあたり、2015年に熊本県立美術館で細川コレクション展が開催されていたことを思い出しホームページを確認すると、「細川三斎筆 扇面歌留多」(「細川三斎」とは茶人である忠興のこと)と写真で紹介されていました。綾子の文章ではなぜか「数枚」と記されていたので気になって、「これって物語にも登場する忠興が作ったというあの歌留多のことですよね」と細川家のコレクションを保管されている永青文庫(東京)さんに問い合わせたところ、丁寧に教えてくださり、「戦国時代の結婚」というパネルでコメントを紹介させて頂くことができました。貴重資料のため実物をお借りすることは難しく実現できませんでしたが、いつの日かまた永青文庫で一般公開される時があることをひそかに願っています。