2017文学講座~その時、綾子が選んだ道~ 第1回

短歌から読み解く、三浦綾子の『道ありき』

5月10日(木)14:00~、文学講座第1回目が開かれました。講師は田中綾館長。札幌や東京など遠くから来られた方もたくさんいらっしゃいました。ありがとうございます!映像が見づらかった方、大変申し訳ありませんでした。

三浦綾子の自伝小説『道ありき』には彼女が詠んだたくさんの短歌が出てきます。講座では短歌の説明にとどまらず、綾子の作家としての手法も紹介がありました。例えば、幼馴染の前川正氏が亡くなって「わたしは次々と彼への想いを歌に詠んで、アララギその他に発表して行った」という場面は、見開きにその歌があふれ印象的ですが、その短歌の順番も単純に「詠んだ年代順(発表順)ではなく意図的に短歌を並べている」というわけです。そう言われて改めて読み見直すとまた違った味わいがありますね。

 

館長は「私の語り口は眠気を誘います……」と公言していますが、真相はいかに?講座の動画をアップしましたので、こちらでご確認くださいませ。

次回は7月13日(木)14:00~。講師は長崎の活水女子大学教授の上出恵子先生で「明智光秀の娘・細川ガラシャの道ありき」についてです。雑誌「主婦の友」の社長に「今度はガラシャの道ありきを」と言われて綾子が取り組んだ初の歴史小説。綾子が描いたガラシャの人生は?

次回もお楽しみに!